水素水の恩恵。持ち運びできる水素発生機を購入しました

Permalink

「水素水」は万能です。
これを知り、実感したのは30年近くも生きてきて最近の事です。
一般的なイメージは「飲料水」だと思います。
お茶やジュースは飲みたくないという時、都合の良い飲み物として、もしくは非常用、調理用等、あくまで用途に応じて使われてきた「ツール」という印象です。

しかし考えてみて欲しい。
人間の体は約66%が水分で構成されています。
たった5%足らず減るだけで、人間の身体機能は著しく低下し、ヘタすれば人体の危険すら及ぼす、重要な要素なのです。
しかし、水分というのは摂取するのが実は簡単ではないのです。
それは物理的な意味ではなくて、「吸収する」という面においてです。
水以外の、味のついた飲み物のほとんどには、いろいろな栄養素が含まれています。
水を除いた全ての飲み物では「純粋に水分を接種する」という事が難しいのです。

不況とはいえ、食料飢餓などとはほど遠い現在の日本の国民は、栄養のバランスをとる事、栄養を過多に摂取しすぎない事が、必ず課題となります。
食生活が多様化し、パン食が米食をうわまわりつつある中で、自己管理の出来ない人間が増えれば、アメリカのような肥満対策をとらなければならない日も遠くはないのではないでしょうか。

水素水は肉体に一つも害を与えず、臓器の負担がきわめて少ないのです。
臓器や血液などと密接な関係にある、純粋な水は「体をリセットする」という目的で使用するには、とんでもなく単純で便利なツールなのです。

二日酔い、仕事疲れ、体調の悪い時、その他どんな悪い事に置いても「水素水を飲む」ということを一度ためしてみていただきたい。
体がいかに酷使されていて、いかに水を欲しているかが分かると思います。
>>水素水おすすめランキング

ここ数年「水素水」について注目されていますよね。
私も気になって色々と検索してみると、効能はとても良いもので”試してみる価値はありそうだな”と思って水素水を購入しようとネットなどで見てみると、やはりお値段は高め・・・。

続けて長く飲むにはやはり簡単に手を出せるものではないな・・と思っていたのですが、ある日ふとQVCを見ていると”ポータブル水素水発生器”という商品の紹介をしていました。
それは普通のペットボトルに水をいれて(お茶や炭酸でも多量でなければ大丈夫です)ペットボトルの口を水素水発生器に接続してスイッチを入れれば、その場で新鮮な水素水が簡単にできるというものでした。
充電式なので持ち運びもできるとあり、いいな!と思いましたが、値段が6万円を越してしたので躊躇していたのですが、あっという間にSOLD OUTになってしまいました。
時間にしても商品紹介からたったの15分位でした。
その後、継続して飲むことを考え、ケース売りの水素水を買った場合などを計算して、やはり手軽・持ち運びができる・普通の水で新鮮な水素水ができるという事を考慮し、ウエイトとして登録し購入しました。
現在使用していますが、自分で飲む分量も決められ、ペットボトルの口の大小に合わせて付属品もついているのでとても便利で、飲みたい時にその場で新鮮な水素水を作って飲めるということに大変満足しています。体調も良好です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です